一定期間更新がないため広告を表示しています

震災が起きて、群馬から福岡に来て2ヶ月が経ちました。

3月21日春分の日
画家の春のうららさんが栃木県那須から私たちのところに来て、そしてその日に天国に旅立ち、先日、小さく焚き火を囲んで四十九日を迎えました。
手作りのお香典返しもやっと送れてやっと生活が始まろうとしています。

私たちの家族は四人と一匹家族。
女 3人 男 1人 パグ ♂ 1匹

引越しをしてから、色々な人が訪れに来て、やっとひと段落。

家族の1人はベーグル屋さんでアルバイトをし始め、私もそろそろ畑も落ちついてきたので、外に仕事に出ようと思っています。


昨日、今日は束の間の休息。


って、言っても食べるために野草を採ったり、木の実を採ったりはしてるんですけどね。

今日は炭酸ジュースを作るために野いちごを沢山採ったり、ヨモギやドクダミを沢山摘みました。

あと晩ご飯に使うミツバやセリ。



貧乏だけど、自然に助けられて、とっても幸せな生活をしています。

群馬の生活もとってもいいものでしたが、放射能に汚染された場所ではこのような生活も不安を抱えながらしていたでしょう。

今の時間を大切に過ごしたいと思います。


慎ましく、たくましく、しなやかに。


関連する記事
コメント
美保今、福岡?あら〜随分離れたところね☆

元気な美保に会いたいよ!

megumi in Paris
  • by megumi
  • 2011/05/18 7:12 PM
コメントする