一定期間更新がないため広告を表示しています

 夜道を迷ったあげく ようやく目的地にたどりついた 行ったり来たり一体何をやっていたんだろう 家族がいる ふるさとの道 この道を遠い昔歩いた 七夕 雲に隠れたり出たりする満月をみながら 美しいと思えること ひとに生まれてよかったと思った 静かに月を見上げる時間に感謝しました。 今朝4時ごろ、たどころ〜るさんが自宅で癌のため天に召されました。 癌という病気を持ちながら、明るく柔らかで、前向きなたどさんから学ぶことは多く、 彼が与えてくれたものは本当に大きいです。 同じところにむかう仲間として彼は大きな存在でした・・・ それを見せないフラットな物腰ゆえにより尊敬したし、本当に大きな器を持ったひとでした。 生きることに前向きだったたどさん 私はたどさんのハートが大好きでした。 悲しみは大きいですが、彼の伝えたかったことを引き継いで前に進みたいと思います。 ご冥福を心からお祈りいたします。 たどさん本当にありがとう。 ●下記生前にたどころ〜るさんがTAKAOリメイクTシャツ展に残してくれたメッセージです。 ガンになったとき、ぼくを支えてくれたのは 抗がん剤ではありませんでした。 なぜガンになったのか、病室で徹底的に勉強していく中で、 我々の祖先 先人というのは、科学的根拠無くして、 病気と共存する心理を言い当てていたこと そのことに深く感激しました。  そして、気と木にあふれた世界に、今こそ、人の心は 還るべきだと、 和居和居デッキで演奏しながら、想いました。 当日、心をこめて演奏させていただきます。 *カフェオハナでのイベントは体調を崩されて、来れませんでした。 しかし、病室から出たばかりだというのに 水マリン缶の制作をして,ライブの準備をしていてくれました。 そのやりとりがつい13日前のことでした。 ●音楽を愛していた彼の音源です。 たどころ〜る my space http://www.myspace.com/tadokoroll ●和居和居デッキをつくったケンジュウの会のHP http://homepage2.nifty.com/kenju/ ●高尾山にトンネルをほらないで 署名 http://www.shomei.tv/project-373.html 私たちは自分たちで生きることを選べます。 夢を持ち続けて、行動して行くこと。 私は愛するひとのために立ち止まりません。

美保
1